お問合わせ
広島県獣医師会紹介
主な事業紹介
職域別情報
動物病院一覧表
講演会情報
学術情報
動物の疾病情報
会員専用サイト
四季情報
リンク集
 
四季情報
 
■第52回広島県獣医学会講演要旨
   [産業動物部門] [小動物部門] [公衆衛生部門
 
 演題名をクリックすると講演要旨をPDFにて参照することができます。
 講演要旨をご参照いただくにはアドビシステム社のAdobe Acrobat Readerが必要です。 
 
●産業動物部門
1.牛用大腸菌不活化ワクチンの接種による乳房炎死廃事故低減効果(第1報)  [92KB]
  森本 和秀(広島総研畜技セ)
   
2.乳牛の大腸菌性乳房炎における乳房内洗浄療法の治療効果  [91KB]
  篠塚 康典(広島県農共連山県家畜診)
   
3.第一胃蠕動運動を指標とした大腸菌性乳房炎の鑑別診断法の検討  [104KB]
  大下 克史(広島県農共連 廿日市家畜診療所)
   
4.血便を呈した急性コクシジウム症に対するデキサメサゾン投与効果の検討  [101KB]
  黒瀬 智泰(広島県農共連庄原家畜診)
   
5.食欲不振牛への温水と生菌製剤大量投与による治療効果  [92KB]
  玉川 朋治(広島県農共連安芸高田家畜診)
   
6.GAP(家畜衛生の一般的原則)による安全・安心な生乳生産の取り組み  [136KB]
  石浦 英文(広島県備北家保)
   
7.フリーバーン農場における子牛のサルモネラ症対策  [73KB]
  部屋 智子(広島県備北家保)
   
8.肉用繁殖牛においてオナモミ中毒が疑われた死亡事例  [91KB]
  玉野 光博(広島県芸北家保)
   
9.地方病性牛白血病リンパ腫による、幽門部狭窄を認めた一症例  [108KB]
  沖田 美紀(広島県農共連世羅家畜診療所)
   
10.受精胚移植を目的とした発情同期化処置時の卵巣所見について  [83KB]
  尾形 康弘(広島総研畜技セ)
   
11.体外受精胚の移植適期について  [82KB]
  日高 健雅(広島総研 畜技セ)
   
12.ET 実施酪農家における高品質初乳の給与指導への取り組み  [97KB]
  岡峰 友恵(広島県芸北家畜保健衛生所)
   
13.広島県における受胎率向上に向けた取り組みについて  [81KB]
  永井 武史(広島総研畜技センター)
   
▲TOPへ戻る
 
 
●小動物部門
1.断脚手術後に胃拡張−胃捻転症候群を発症したイヌの2例  [86KB]
  黒瀬 紀子(おだ動物病院(広島県))
   
2.大腿骨粉砕骨折を2枚重ねプレートにて整復した猫の1例  [86KB]
  櫻田 晃(さくらだ動物病院)
   
3.犬のライソゾーム病の臨床像  [98KB]
  田村 慎司(たむら動物病院)
   
4.不適切な歯冠短縮術によって生じた歯牙死滅と根尖病巣の1 症例  [78KB]
  麻生 暁秀(あそう動物病院)
   
5.ピモベンダンにより逆流改善した犬の重度三尖弁閉鎖不全症  [80KB]
  有田 申ニ(有田綜合動物病院)
   
6.闘争により腸管の断裂をおこしたアヌビスヒヒの1症例  [103KB]
  渡辺 仁(広島市安佐動物公園)
   
7.保冷剤に含まれるエチレングリコールにより起立不能を呈したチワワの1 例  [89KB]
  田内 利樹(あそう動物病院)
   
8.肺動脈狭窄症に対し経心室肺動脈拡張術を行った小型犬の1例  [92KB]
  園田 康広(そのだ動物病院)
   
9.肺葉切除を実施した先天性肺葉性肺気腫の犬一例  [107KB]
  瀬戸田 正弘(せとだ動物病院)
   
10.胸部に見られた腫瘤のCR とCT 像の比較検討  [88KB]
  谷浦 督規(谷浦動物病院)
   
11.ネットワーク型ワークステーションの活用  [94KB]
  谷浦 督規(谷浦動物病院)
   
▲TOPへ戻る
 
 
●公衆衛生部門
1.広島市と畜場における牛盲腸便中のカンピロバクター保菌状況  [79KB]
  兼重 泰弘(広島市食衛検)
   
2.認定小規模食鳥処理場における衛生対策  [80KB]
  松下 香織(広島県食肉衛検)
   
3.ヒトアデノウイルス3 型分離株の制限酵素切断解析結果 [108KB]
  池田 義文(広島市衛研)
   
4.ヒトのメタニューモウイルス感染症の実態,特に小児の呼吸器疾患への関与について  [105KB]
  高尾 信一(広島県立総合技術研究所保健環境センター)
   
5.ねこの適正飼養の推進 −致死処分頭数減少に向けて−  [86KB]
  勝部 由起子(広島県動物愛護センター )
   
▲TOPへ戻る
 
 
ホームへ戻る Site Map お問合わせ
Copyright Hiroshima Veterinary Medical Association, All rights reserved.