お問合わせ
広島県獣医師会紹介
主な事業紹介
職域別情報
動物病院一覧表
講演会情報
学術情報
動物の疾病情報
会員専用サイト
四季情報
リンク集
 
四季情報
 
広島県獣医学会雑誌 
 
項目名をクリックするとPDFにて詳細内容を参照することができます。
PDFをご参照いただくにはアドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。 アドビ リーダーのダウンロードページへ
 
第27号 (平成24年)
目次  [823KB]

 

▲TOPへ戻る
 
 総説
放射線の被曝線量評価とその意義
─広島・長崎,セミパラチンスク,チェルノブイリ,福島での放射線被曝の調査から─
  [1,009KB]
  星 正治

 

▲TOPへ戻る
 
 産業動物
黄色ブドウ球菌性乳房炎への乾乳期治療効果と血中ビタミン濃度との関連  [1,036KB]
  金子 宗平・明見 高三・大田 哲夫・中谷 啓二・秋田 真司・河野 俊朗
  竹内 泰造・篠塚 康典・江口 佳菜
 
BLV 感染牛の凍結初乳給与による新生子牛の感染状況について   [1,219KB]
  山本 祐輔・日高 健雅・今井 佳積・尾形 康弘・吉上 渉・間 陽子
  竹嶋 伸之輔・松本 有生
 
蹄癒合を伴うファロー五徴症を呈した一症例  [1,115KB]
  伊達 麻衣子・岩瀧 功・河野 俊郎・高橋 康雄・神岡 康博・山形 光正・金子 宗平
 
肺炎症状を呈した子牛の口蓋裂の3症例  [1,266KB]
  秋田 真司・沖田 美紀・竹内 泰造・森下 政憲・上川 美鶴・伊藤 直美
 
和牛受精胚産子のほ育育成技術の検討  [1,370KB]
  松雪 暁子・日高 健雅・横田 文彦・吉上 渉
 
経膣採卵・性判別技術を用いたホルスタイン種雌牛生産の実証  [1,020KB]
  日高 健雅・尾形 康弘・今井 佳積・松重 忠美・吉上 渉
 
 
▲TOPへ戻る
 
 小動物
犬の前十字靭帯断裂に対する脛骨高平部水平化骨切り術(TPLO)の応用  [1,132KB]
  櫻田 晃・上垣内 俊介・大村 琴枝・大村 斉
 
神経型FIPの猫の1例  [1,117KB]
  土井 翔子・田村 慎司・田村 由美子・上岡 尚民・内田 和幸
 
デスモプレシンの口腔内投与で治療した中枢性尿崩症の犬の1例  [1,050KB]
  山路 健・山路 朋子
 
嘔吐を主訴とした犬の脾臓変位症の1症例  [1,150KB]
  谷浦 督規・谷浦 直美・伊藤 大・日笠 喜朗
 
 
▲TOPへ戻る
 
 公衆衛生
広島市と畜場において認めた豚白血病の免疫組織化学的検索  [1,137KB]
  兼重 裕美子・鈴木 康仁・吉村 奈津子・児玉 実・鈴木 裕子
 
譲渡を行った犬の追跡調査 ?致死処分頭数の減少に向けて?  [1,400KB]
  長澤 元・森中 重雄・湯藤 恵悟
 
広島市内の保育園を中心とした麻疹集団感染事例  [1,223KB]
  阿部 勝彦・田中 寛子・藤井 慶樹・井澤 麻由・山本 美和子・橋本 和久
 
麻しんの確定診断と鑑別診断が可能となる
TaqMan real-time PCR パネルの開発と,その臨床応用
  [1,191KB]
  高尾 信一・重本 直樹・島津 幸枝・谷澤 由枝・福田 伸治・松尾 健
 
と畜場における牛枝肉の衛生対策について  [1,567KB]
  大原 祥子・前田 貴容子・正岡 亮太・大原 佳世子
 
 
▲TOPへ戻る
 
 
 他誌掲載論文
フタコブラクダの重度跛行に対するグルコサミンの効果  [858KB]
  南 心司・渡邉 舞菜弥・野々上 範之・野田 亜矢子・畑瀬 淳・森田 不二子
  黒住 誠司・高森 吉守・有福 一郎・南 三郎
 
 
管内一酪農家における子牛クリプトスポリジウム症の発生状況分析と対策  [867KB]
  黒瀬 智泰
 
タイストール牛舎で多発するまきづめに関する研究 [865KB]
  大下 克史・柄 武志
 
ホルスタイン牛における好銀性グラム陽性分節性
  フィラメント状細菌が関連した多病巣性肉芽腫性空腸炎
[868KB]
  茨木 義弘・芝原 友幸・小林 秀樹・伊藤 直美・篠塚 康典・粕谷 和史
  村越 奈穂子・竹馬 工・久保 正法
 
神経症状を呈した新生仔牛の真菌性脳炎 [859KB]
  玉川 朋治・川村 美登里・玉野 光博
 
犬の肺高血圧症に対する低用量イマチニブ投与の改善効果 [867KB]
  有田 申二・有田 昇・日笠 喜朗
 
犬の肺動脈性肺高血圧症の急性増悪に対する検討 [858KB]
  荒蒔 義隆・長谷川 孝寿・川野 悦生・荒蒔 すぐれ
 
 
▲TOPへ戻る
 
 会報
会報  [850KB]
 
▲TOPへ戻る
 
 
ホームへ戻る Site Map お問合わせ
Copyright Hiroshima Veterinary Medical Association, All rights reserved.